人は失恋で死ぬ

何故人は失恋で死ぬのか

失恋で死ぬというより、大きな衝撃、絶望、落胆に直面した時、人は衝動的に死を選ぶことがあります。

ゲーテの有名な若きウェルテルの悩みという古典作品がありますね。この本はヨーロッパ中で大ブレイクし、影響を受けた若者が自殺する現象まで起きたことで、ウェルテル効果と名付けられました。

古今東西を問わず、若い人は恋に悩んで自殺する傾向があるようです。

おそらくもっと年齢の高い層であれば、別の原因で自殺を選ぶことが多いはずですが、その年代によって、何が1番絶望をもたらすかは違ってくるようです。高齢者であれば、重い病などが自殺原因となることもあります。

若い人にとっての大きな絶望要因は失恋

海外のニュースなどを見ていると、時々、失恋を苦にした自殺に関するニュース見ることがあります。

銃で自殺をしようとして、生き延びたケースのドキュメンタリーを最近見ました。

このドキュメンタリーでは、自殺に失敗して顔失った少女が、顔面移植手術を受ける過程を取材しています。

今は、家族の愛に支えられて前向きに生きようとしている姿が、多くの人の心を動かしたようです。

彼女のように、失恋で自ら命を経ってしまうケースは多々あります。複合的に様々な要因が絡んでいる場合もあるでしょう。

しかしやはり、若い人にとって、恋愛は人生において大きな出来事であるということがわかりますね。それは、普通のことなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました